禁断症状(withdrawal symptoms)

長期間使用していた医薬品や特定の薬物(例えばニコチンエタノール)の投与・摂取を中断することで現れる不快感や症状。離脱症状離脱症候群)や退薬症状とも呼ばれる。

治療前には無かった症状が新たに発生する点が反跳現象との違い。*1

ヒトは一度ニコチン依存症に陥ると、不快な離脱症状を改善するためにニコチン摂取を繰り返し、それによってニコチン依存がさらに増強されるという悪循環に陥る。*2

*1千葉大学医学部附属病院 薬剤部 築地茉莉子 睡眠薬の適正使用とベンゾジアゼピン系薬の減量方法: https://www.ho.chiba-u.ac.jp/pharmacy/No16_sotsugo1_0421.pdf
*2崇城大学薬学部薬理学 内田友二 ニコチン受容体と禁煙補助薬の作用機序: https://square.umin.ac.jp/nosmoke/text/3-3nicotine_receptor.pdf

禁断症状に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-08-17 (土) 09:17:35