糖アルコール(sugar alcohol)

甘味料として食品に使用される難消化性の糖質還元されてヒドロキシ基を持つアルコールとなったもの。ここでのアルコールとは化学的な意味であって、類のアルコールエタノール)とは異なる。*1

糖アルコールはプラークの原因にならず、小腸で分解・吸収されにくいという特徴を持つ。

マルチトール等の糖アルコールは非う蝕性で Streptococcus mutans などの虫歯菌による生産や歯垢形成を抑制するので、ショ糖に代わる甘味料として用いられている。これらの糖類消化吸収されにくく肥満を抑制する甘味源としても使用される。*2

糖アルコールの種類*3*4

マルチトールマルトースキシリトールキシロースの糖アルコール。*5

*1大阪大学大学院 歯学研究科 予防歯科学教室: http://web.dent.osaka-u.ac.jp/~prevent/research08.html
*2高知工科大学大学院工学研究科 基盤工学専攻 物質・環境システム工学コース 中村光輝 寒天オリゴ糖の選択的生産法の開発: http://www.kochi-tech.ac.jp/library/ron/2004/g9/M/1075054.pdf
*3糖アルコールを使用した和菓子の食後血糖値上昇抑制効果(藤女子大学 人間生活学部): https://fujijoshi.repo.nii.ac.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=repository_action_common_download&item_id=1513&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1&page_id=13&block_id=21
*4CiNii 論文 -  糖アルコールを用いたハードメレンゲの調製と性質: http://ci.nii.ac.jp/naid/110009625704
*5大阪樟蔭女子大学リポジトリ キシロースをキシリトールに変換する微生物のスクリーニング: https://osaka-shoin.repo.nii.ac.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=repository_action_common_download&item_id=1732&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1&page_id=3&block_id=24

糖アルコールに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-10-16 (火) 07:59:56