糖タンパク質(glycoprotein)

と結合したタンパク質タンパク質に比較的短い糖鎖がついたもの。*1

細胞の表面や細胞外に分泌されるタンパク質は、ほとんどがこの糖タンパク質の形をしています。例えば性ホルモンのひとつである黄体形成ホルモンや、ヒトの唾液胃液腸液などの粘液の成分であるムチンも、糖タンパク質のひとつです。*2

体内でタンパク質を結合させる翻訳後修飾である糖鎖修飾によってできる。

タンパク質の約半数がこの翻訳後修飾を受けており、これによってタンパク質に結合する糖鎖はそのタンパク質の性質、細胞の増殖、分化細胞間の情報伝達、がん化などの現象に関与していることが知られている。*3*4

*1弘前大学 医学部 泌尿器科 畠山真吾 糖鎖の基礎知識: http://www.med.hirosaki-u.ac.jp/~uro/html/Research-Publications/Glyco_info_Hatakeyama.pdf
*2末梢神経損傷によって未熟化した神経膠細胞(グリア細胞)が 難治性慢性疼痛を起こす脳内回路を作る − 難治性慢性疼痛の予防・治療に期待 − - 生理学研究所: http://www.nips.ac.jp/release/2016/04/post_318.html
*3糖タンパク質合成 | 蛋白質有機化学研究室: http://www.protein.osaka-u.ac.jp/organic/res_cont/glycoprotein.html
*4糖鎖の生命分子科学 | 分子科学研究所: https://www.ims.ac.jp/public/vanguard/research-63.html

糖タンパク質に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-15 (金) 10:03:40