健康用語WEB事典

糖代謝(glycometabolism)

グルコース)が代謝される一連の過程。主に解糖系からクエン酸回路電子伝達系の一連の化学反応を指す。

グルコースを分解してATPを作り出す経路には、解糖系クエン酸回路それに電子伝達系の三つの経路があります。解糖系と呼ばれる経路はほとんど全ての生物がもっており、もっとも原始的な代謝系とされています。*1

一部のペントースリン酸経路リボース-5-リン酸NADPHの原料となる。

これによって1分子のグルコースから、最終的に32分子のATPが生成される。途中で生成されるNADHFADH2によってもATPが生み出されるため、それを合わせると38分子のATPが生成されることになる。*2

*1信州大学名誉教授 細野明義 乳酸菌とビフィズス菌の糖代謝と発酵: http://www.nyusankin.or.jp/scientific/pdf/Nyusankin_493_a.pdf
*2秀和システム 生化学若い研究者の会 これだけ!生化学

ご意見・ご要望をお聞かせください。


糖代謝に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-04-17 (火) 09:45:27