糖鎖(carbohydrate chain)

糖類や他の分子が鎖のように繋がったもの。糖鎖を持つタンパク質糖タンパク質と呼ぶ。

小胞体膜?に存在するドリコール脂質?上に作られる。糖鎖の構築にはグルコースが必要であることが報告されている。

糖鎖は、細胞小器官の1つである小胞体膜?に存在するドリコール脂質?上に構築され、複数の段階を経て未成熟型から成熟型ドリコールオリゴ糖になります。そして、オリゴ糖転移酵素?によってひとまとめに特定のタンパク質に結合します。その際、グルコースが十分に細胞に供給されると、成熟型ドリコールオリゴ糖が合成されて糖鎖修飾反応が速やかに進行します。一方、グルコースが少ない環境(低グルコース環境)では、ドリコールオリゴ糖の構築が完了せず、未成熟型ドリコールオリゴ糖が一過的に蓄積し、糖鎖修飾の効率が著しく低下することが知られていました。*1

糖鎖は主として分泌タンパク質細胞表面に存在しており、細胞の種類の識別やタンパク質の保護、細胞間の情報伝達に関与するとされる。*2*3

細菌は、宿主の糖鎖と結合するためのレクチンを持つ 。

糖鎖の結合による分類

*1不完全な糖鎖をきれいに分解するメカニズムを発見 | 理化学研究所: http://www.riken.jp/pr/press/2013/20131112_1/
*2高知大学医学部 生化学講座 生体膜研究のすすめ: http://www.kochi-ms.ac.jp/~ff_bichm/home01.htm
*3弘前大学 医学部 泌尿器科 畠山真吾 糖鎖の基礎知識: http://www.med.hirosaki-u.ac.jp/~uro/html/Research-Publications/Glyco_info_Hatakeyama.pdf

糖鎖に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-02-26 (月) 10:48:42