紫斑(purpura)

発疹のひとつ。内出血などで皮膚に現れる紫色の斑点。

大きさによって以下の様に分類される。

紫の色調は,出血が起こってすぐは鮮紅色に近く(ヘモグロビンの色調),時間経過とともに褐色調(ヘモジデリンの色調)へ変化する.マクロファージが漏出した血球貪食し分解すると色調は消失する.*1

*1発疹・発疹学なら新しい皮膚科学|皮膚病全般に関する最新情報を載せた皮膚科必携テキスト 4-1: https://www.derm-hokudai.jp/textbook/pdf/4-01.pdf

紫斑に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-07-29 (日) 17:58:46