細胞傷害顆粒(cytotoxic granules)

キラーT細胞NK細胞細胞質内に持つ分泌リソソームがん細胞ウイルス感染した細胞細胞死を誘導する。*1*2

対象となる細胞との間にできる免疫シナプス内にエクソサイトーシスによって放出され、顆粒内容物が殺傷作用を誘導し対象のアポトーシスを起こす。*3

以下のような物質が含まれる。*4

*1生体分子機能学研究分野 | 京都工芸繊維大学 応用生物学: http://www.bio.kit.ac.jp/laboratories/laboratories_02
*2川崎医科大学衛生学 アスベスト曝露と細胞傷害性顆粒: https://i.kawasaki-m.ac.jp/jsce/170827-26-1/26-1-31-37.pdf
*3抗腫瘍免疫反応機構の研究の進展 | SciencePortal China: http://www.spc.jst.go.jp/hottopics/1008immune_system/r1008_fan.html
*4KAKEN — 研究課題をさがす | 細胞傷害顆粒に対する新規膜結合型分子プローブの創製と機能解析法の開発 (KAKENHI-PROJECT-15K14920): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-15K14920/

細胞傷害顆粒に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-11-17 (土) 08:26:53