細胞外ATP

通常ATP細胞内に存在し、体内の様々な活動のエネルギー源として働くが、ある刺激によって細胞から分泌され、ATP受容体P2X受容体P2Y受容体)を返して情報の伝達物質として働くことが確認されている。

細胞外ATPは、細胞膜上のプリン受容体 P2X7?リガンドとして作用し、その下流でストレス応答性キナーゼ ASK1 を介した p38 MAPキナーゼ経路?活性化によって細胞死を引き起こすことが知られています。*1

*1トランス脂肪酸による疾患発症機序の一端を解明-動脈硬化症発症のメカニズム解明に繋がる発見- | プレスリリース | 東北大学 -TOHOKU UNIVERSITY-: http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2017/04/press20170417-02.html

細胞外ATPに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:10:44