健康用語WEB事典

細菌性肺炎(bacterial pneumonia)

細菌感染が原因となる肺炎。原因となる細菌には肺炎球菌(主にストレプトコッカス・ニューモニエ)、黄色ブドウ球菌インフルエンザ菌モラクセラ・カタラーリス肺炎桿菌などがある。世界中で毎年100万人以上が死亡する。*1*2

自覚症状発熱倦怠感(黄色のことが多い)、呼吸困難

結核菌による細菌性肺炎肺結核として区別される。

タグ: 細菌 感染症 肺炎 発熱 呼吸困難

*1札幌医科大学医学部 呼吸器・アレルギー内科学講座(札幌医科大学附属病院 呼吸器・アレルギー内科) [呼吸器疾患について]感染症: http://web.sapmed.ac.jp/im3/disease/b1h6400000000cok.html
*2肺炎球菌が細胞内にマンガンイオンを取り込むしくみ -膜輸送体PsaBCの立体構造の解明- | 京都大学: https://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research-news/2021-09-15

ご意見・ご要望をお聞かせください。


細菌性肺炎に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2021-09-18 (土) 06:38:23