組織常在性記憶CD4T細胞(tissue-resident pathogenic CD4 T cells)

カビによる線維化を起こした組織に3ヶ月以上に渡って住み続けるT細胞。それ自身が線維化を誘導していることが報告されている。体内を循環する他のT細胞に比べ、線維化に関連する遺伝子が高発現している。*1

CD103の有無によって2種類に分けられ、陰性のものはサイトカインを多く産生し、陽性のものはFOXP3?を高発現することが報告されている。

*1千葉大学 富山大学 日本医療研究開発機構 カビによる肺線維化に有効な治療法の鍵を発見 肺の組織線維化を引き起こす新たな細胞集団を同定: https://www.m.chiba-u.ac.jp/files/4715/7049/2339/Prof.Nakayama_NewsRelease20191003HP.pdf

組織常在性記憶CD4T細胞に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-11-14 (木) 09:21:38