結節乳頭核(tuberomammillary nucleus : TMN)

視床下部に存在する神経核のひとつ。ヒスタミン作動性神経起始核アデノシンデアミナーゼが最も多く分布する。結節乳頭体核とも。*1

プロスタグランジンD2によって前脳基底部から遊離されたアデノシンは、結節乳頭核の活動を抑制することにより睡眠を誘発する。*2

オレキシン2受容体が高発現する。

*1オレキシン2受容体選択的作動薬の設計と合成 ナルコレプシー患者の治療を目指して 東レ株式会社 永原崇志: http://mlib.kitasato-u.ac.jp/homepage/gakui/pdf/ronbun_otsu_h27/ronbun/T1482R.pdf
*2睡眠覚醒調節の分子機構|研究内容|裏出研究室|筑波大学|国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS): http://urade.wpi-iiis.tsukuba.ac.jp/ja/research/mechanism.php

結節乳頭核に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-09-04 (火) 15:07:55