絨毛突起(intestinal villi)

小腸輪状ヒダから伸びる、栄養吸収のための部位。腸絨毛絨毛とも呼ばれる。

小腸中の絨毛突起の数は約400万とされる。密度は回腸よりも十二指腸で高い。高さは0.2~1.2mm。*1

絨毛突起の中央にはリンパ管乳糜管)があり、表面から無数の微絨毛が伸びている。*2

*1Rauber-Kopsch解剖学: http://www.anatomy.med.keio.ac.jp/funatoka/anatomy/Rauber-Kopsch/2-06.html
*2If the gut works,use it!(使えるなら腸を使え!)|東邦大学医療センター大森病院 臨床検査部: http://www.lab.toho-u.ac.jp/med/omori/kensa/column/column20150525.html

絨毛突起に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-02-21 (水) 14:28:49