健康用語WEB事典

網様体(reticular formation)

延髄中脳の中心を成す構造。脳幹網様体延髄網様体とも。*1

眼球運動のコントロールに重要な細胞群が存在する。*2

網様体GABA作動性神経細胞群は、神経ペプチドYによる視床下部からの飢餓信号によって活性化され、その信号を交感神経系と運動神経系へ伝えることで、エネルギーの節約と摂取の両方の飢餓反応を同時に駆動する。*3

大脳皮質から脊髄への投射系のひとつに、網様体を経由して脊髄に至る「皮質-網様体脊髄路」が存在する。*4

タグ: 神経 GABA 飢餓

*1Terminologia Anatomica(TA)にづく解剖学: http://www.anatomy.med.keio.ac.jp/funatoka/anatomy/TA(html)/A14_1_00_021.html
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 眼球運動に対する脳幹網様体ニューロンの役割 (KAKENHI-PROJECT-61570822): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-61570822/
*3名古屋大学 飢餓を生き延びるための脳の仕組みを解明: https://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20170106_med.pdf
*4脊椎脊髄ジャーナル (2014.02) 27巻2号:99~105. 【ニューロリハビリテーションにおけるサイエンス-臨床と研究の進歩】 運動麻痺と皮質網様体投射 高草木薫: http://amcor.asahikawa-med.ac.jp/modules/xoonips/download.php/2014109708.pdf?file_id=7270

ご意見・ご要望をお聞かせください。


網様体に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2021-10-12 (火) 05:52:12