健康用語WEB事典

網状肢端色素沈着症(reticulate acropigmentation of kitamura : RAK)

思春期までにから網目状のシミ皮膚に現れ、などに次第に広がっていく常染色体優性遺伝疾患。1942年に初めて報告された。日本人に多いとされる。*1*2

ADAM10遺伝子変異が原因とされる。

*1遺伝性皮膚病の原因をDNA解析で解明: 70年間の謎を解き明かし、皮膚病治療に光 | ハイライト論文 | 名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部: http://www.aip.nagoya-u.ac.jp/public/nu_research_ja/highlights/detail/0000800.html
*2名古屋大学医学部皮膚科|遺伝性対側性色素異常症と網状肢端色素沈着症: https://www.med.nagoya-u.ac.jp/derma/research_dsh.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


網状肢端色素沈着症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-11-19 (月) 14:51:49