健康用語WEB事典

網膜(retina)

硝子体の奥にある、光の像を認識する神経組織。カメラのフィルムに相当する。厚さ110~180μm

網膜を構成する神経には、視細胞錐体細胞杆体細胞)、双極細胞水平細胞アマクリン細胞無軸索細胞)などがある。ミュラー細胞アストロサイトなどのグリア細胞がこれらを支持する。*1

酸化ストレスを防御するためにグルタチオン生合成する。また、網膜内のビタミンC濃度は血中濃度の約15倍(1.6mM)。

網膜の黄斑には視細胞が密集しており、この視細胞によって光の情報を電気信号に変換する。

近視が進むと網膜が広がって薄くなり、視細胞の密度が低下して視力が下がる。*2

網膜を構成する細胞層

外側から内側に向かって以下の層が存在する。内側の九層は神経網膜と総称される。*3*4

タグ: 組織

*1富山大学大学院医学薬学研究部・薬剤学研究室 血液網膜関門の機能特性を利用したドラッグデリバリー: https://www.jstage.jst.go.jp/article/dds/27/5/27_361/_pdf
*2ウィズダムブック社 矢作徹 2009年版 近視レーザー手術ガイドブック(2008/12/25)
*3筑波大学 大鹿哲郎 愛媛大学 大橋裕一 東京女子医科大学 飯田知宏 専門医のための眼科診療クオリファイ: https://www.nakayamashoten.jp/sample/pdf/978-4-521-73476-7.pdf
*4大分大学医学部付属病院 -眼科- 「眼の病気と治療」 -網膜剥離-: https://www.med.oita-u.ac.jp/ganka/chiryou/moumakuhakuri.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


網膜に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-10-07 (水) 18:33:27