健康用語WEB事典

緑膿菌(Pseudomonas aeruginosa)

シュードモナス科シュードモナス属の偏性好気性グラム陰性桿菌。水まわりなど様々な自然環境に存在する。健常者には通常、病原性を示さないが、日和見感染院内感染の原因となる。シュードモナス・エルギノーサとも。*1*2

活性酸素活性窒素、複数の抗生物質などに耐性を持つ多剤耐性緑膿菌の発生が確認されている。*3

o-アセトアミノフェノン?を産生し、甘酸っぱい特有の強い臭気を発する。

緑膿菌の近類

*1国立大学法人 佐賀大学 緑膿菌 Pseudomonas aeruginosa: http://www.microbio.med.saga-u.ac.jp/Lecture/kohashi3/part7/
*2国立感染症研究所 薬剤耐性緑膿菌感染症とは: https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/2373-dr-pa-intro.html
*3緑膿菌が呼吸酵素を作り替えることで環境適応する新しいメカニズムを発見: http://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/2016/20161222.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


緑膿菌に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-11-27 (水) 09:13:46