健康用語WEB事典

線維化(fibrillization)

組織の治癒のために結合組織コラーゲンなど)が増殖すること。損傷から治癒する過程の組織である瘢痕組織形成と関連する。

繰り返される炎症などによって臓器で過剰な線維化が起こると、正常な組織を破壊して臓器の機能不全(線維症)が引き起こされる。軟骨の場合、Ⅰ型コラーゲンを主体とする細胞外基質が作られ、組織本来の構造や機能が損なわれるとされる。*1*2

を除く臓器に生じ、線維化を起こした臓器は最終的に機能不全に陥る。一度生じた線維化は不可逆的。*3

タグ: 組織 線維 臓器 コラーゲン 創傷治癒 瘢痕

*1共同発表:生薬甘草の成分が内臓脂肪の炎症・線維化を抑制する機序を解明: http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160315-2/index.html
*2ヒトの皮膚細胞から軟骨様細胞へ直接変換に成功 — 京都大学: https://www.kyoto-u.ac.jp/static/ja/news_data/h/h1/news6/2013_1/131017_1_1.htm
*3久間昭寛 田村雅仁 尾辻豊 腎線維化の機序と治療: https://www.jstage.jst.go.jp/article/juoeh/38/1/38_25/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


線維化に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2021-04-05 (月) 07:12:31