健康用語WEB事典

線維筋痛症(fibromyalgia)

全身の筋肉関節周辺で強い痛みや強張りが慢性的(3ヶ月以上)に続く疾患。線維筋痛症候群とも。患者のほとんどが女性で50代および60代に多い。*1*2

痛み以外には、睡眠障害過敏性腸症候群、全身倦怠感痺れ頭痛などの自律神経症状を伴う場合がある。*3

全身の各部位に18ヶ所の特定の部位に圧痛がある以外に検査所見に異常がないことから、原因不明の痛みとして取り扱われることが多い。

原因として感染症炎症性疾患などを契機とするものが56.2%、手術21.2%、外傷16.9%、スポーツ3.8%とされる。発症の背景には事故や手術、怪我などの身体的外傷や過剰労働、出産などの過重な肉体的負荷を受けた体験などが多く認められる。不安抑うつ、感情的問題などの精神的要因も原因として知られている。*4

非ステロイド系抗炎症薬は無効である場合が多く、プレガバリンデュロキセチンなど三環系抗うつ剤、抗痙攣薬が使用される。

*1東京医科大学八王子医療センター リウマチ性疾患治療センター 線維筋痛症療養の手引き: http://www.tokyo-med.ac.jp/rheumatism/pdf/fm-pamph1.pdf
*2明治国際医療大学 臨床鍼灸学 線維筋痛症とは?: http://www.meiji-u.ac.jp/ac-cli/staff/itoh/fm1
*3疾患別(線維筋痛症) | 附属鍼灸センター: http://www.meiji-u.ac.jp/cli_orie/disease_fibromyalgia
*4国際医療福祉大学臨床医学研究センター 山王病院 村上正人 線維筋痛症の診断と治療: https://www.jstage.jst.go.jp/article/spinalsurg/30/3/30_260/_pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


線維筋痛症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-12-28 (土) 14:07:26