健康用語WEB事典

緩衝作用(buffer action)

塩基中和して液のpHを一定に保つ働き。血液の緩衝作用は重炭酸イオンおよび炭酸がその65%、ヘモグロビンが30%、血漿タンパク質が5%、リン酸が5%を占める。*1

中和によって体内で発生する二酸化炭素呼気で排出される。

*1西東社 カラー図解 栄養学の基本がわかる事典 川島由起子(2013/4/4): https://amzn.to/2tzGwYt

ご意見・ご要望をお聞かせください。


緩衝作用に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-02-27 (水) 17:11:04