健康用語WEB事典

縮合型タンニン(condensed tannins)

タンニンの一種。稀と加熱しても加水分解されず、に不溶で赤褐色のフロバフェンを生じるもの。カテキンなどを本構造としたプロアントシアニンアントシアノーゲンフラボノールフラバンなど。*1*2

の木に寄生するクリタマバチへの抵抗力は、縮合タンニンカテコールタンニン)によるものであることが示唆されている。*3

*1富山大学学術情報リポジトリ 加水分解性タンニン, 真核生物型GFAT, ヤマウルシ樹皮, 糖尿病: https://toyama.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=2883&item_no=1&page_id=32&block_id=36
*2フェノール関連物質の微生物生育阻害作用について 東京農業大学農芸化学科 西山隆造 小崎道雄: http://www.teikyo-jc.ac.jp/app/wp-content/uploads/2018/08/journal1991_49-71.pdf
*3ものと人間の文化史 116 栗(今井敬潤 法政大学出版局): https://amzn.to/2ZV1Jwt

ご意見・ご要望をお聞かせください。


縮合型タンニンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-12-10 (火) 19:16:39