健康用語WEB事典

肋骨(rib)

胸郭を構成するのひとつ。俗にあばら骨と呼ばれる。

肋硬骨肋軟骨から成り、左右に12本ずつ、計24本存在する。*1

胸椎椎体から左右対象に伸び、上から10本目までの肋骨(第一肋骨〜第十肋骨)は胸郭前方にある胸骨と結合する。第七肋骨までは肋軟骨で直接胸骨に繋がるが、第八肋骨〜第十肋骨はそれぞれ上の肋骨の肋軟骨に合流する。*2

11番目と12番目の肋骨は胸骨に結合せず浮遊肋と呼ばれる。

肋骨の間にはを膨らませる筋肉である肋間筋がある。

*1慶應義塾大学医学部解剖学教室内 船戸和弥 Costae (I-XII)(肋骨)Ribs (1-12): http://www.anatomy.med.keio.ac.jp/funatoka/anatomy/Textbook/anatomy1b1-1.html
*2PHP研究所 順天堂大学医学部教授 坂井建雄 監修 骨のひみつ 人体のしくみがよくわかる! 2015/9/7

ご意見・ご要望をお聞かせください。


肋骨に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:10:53