健康用語WEB事典

肝斑(chloasma)

30歳以降の女性のにできやすい左右対称の褐色のシミにできやすいが、にも現れることがある。の周辺には現れない。境界は明瞭。*1*2*3

女性ホルモンが影響すると考えられている。妊娠経口避妊薬?紫外線暴露などによって濃くなることがある。

治療はビタミンCトラネキサム酸の服用、ハイドロキノンなどのメラニン合成を抑制する外用薬レーザー治療は無効。

トレチノインによる治療では、他のシミと比べて時間を要するとされる。*4

タグ: 皮膚 シミ

*1愛知医科大学形成外科 しみの治療: http://www.aichi-med-u.ac.jp/keiseigeka/shimi.html
*2肝斑(いわゆる「しみ」)|KOMPAS: http://kompas.hosp.keio.ac.jp/sp/contents/000292.html
*3東北大学病院 皮膚科 美容外来: http://www.derma.med.tohoku.ac.jp/patient/d-biyou.html
*4自治医科大学 形成外科学部門 トレチノインによるしみの治療: https://www.jichi.ac.jp/keisei/tre-hq/tre_shimi.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


肝斑に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-11-12 (木) 17:56:39