肝肺症候群(hepatopulmonary syndrome)

慢性肝疾患肝硬変)が原因で血管拡張が起こり、肺胞から遠ざかった血液酸素濃度が低下して肺内シャントによる低酸素血症が起こる状態。*1*2

詳細は明らかではないが、障害のため代謝されなくなった血管拡張物質の関与が示唆されている。*3

*1肝臓と肝疾患、肝移植|移植外科|診療科案内|信州大学 医学部・医学系研究科 外科学講座(外科学第一): http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/medicine/chair/i-surgery/shinryo/isyoku/liver-transplant/
*2CiNii 論文 -  肝肺症候群の2例: https://ci.nii.ac.jp/naid/10013354642/
*3呼吸不全を来たし,肝肺症候群と診断した1例: https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/105/7/105_1282/_article/-char/ja/

肝肺症候群に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-08-14 (火) 12:54:55