健康用語WEB事典

肝臓がん(liver cancer)

肝臓細胞に発生するがん肝細胞にできる肝細胞がんがその約8〜9割を占める。

B型肝炎ウイルスC型肝炎ウイルスによる肝細胞の炎症が遺伝子に影響を与えるためがん化が起こる。

肝臓がんは佐賀、福岡、大分など、九州北部に多い傾向が見られました、肝臓がんの原因の7〜8割を占める肝炎ウイルスがこのエリアに多くみられるためです。*1

肝臓血液が集まる臓器であり、別の臓器からの転移によるがん(転移性肝臓がん)が発生しやすい。*2

*1中央公論新社 中川恵一 知れば怖くない 本当のがんの話 (2017/1/15)
*2新星出版社 図解 あきらめない 放置しない! がん医療 済陽高穂(2015/2/25)

ご意見・ご要望をお聞かせください。


肝臓がんに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:10:55