肥満(obesity)

体に脂肪脂肪細胞)が過剰に蓄えられた状態のこと。

肥満の生理学的な定義は「脂肪組織の過剰蓄積した身体症状」とされており、単に体重で決まるわけではない。*1

日本の基準では、BMIが25以上だと肥満と認定される。国際基準では、BMI30以上である。

疫学調査から、日本人では25を超えた人は超えない人にくらべて糖尿病高血圧高脂血症心筋梗塞などを発症しやすくなるのです。一方、米国ではBMI30以上を肥満としていますが、根拠は日本と同じです。つまり、日本人は米国人に比べて肥満に弱いということになります。*2

肥満が健康に与える影響

肥満になると、肝臓好中球リンパ球などの白血球が集まりインスリン抵抗性糖代謝異常を引き起こすとされる。

インスリン抵抗性糖尿病の原因となる。*3

*1多価不飽和脂肪酸による肥満予防に関する基礎的研究: http://www.akita-u.ac.jp/eduhuman/graduate/abstract_pdf/11-030.pdf
*2健康欄 一般の方々へ | 東京大学 代謝医学分野 酒井研究室: http://www.mm.rcast.u-tokyo.ac.jp/lab/word.html
*3「肝臓内の細胞間接着・接触が糖代謝異常を引き起こすメカニズムを発見」 肥満を原因とする糖尿病に対する新しい治療標的の可能性:http://www.tmd.ac.jp/archive-tmdu/kouhou/20170315.pdf

肥満に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:10:55