肺胞液(alveolar fluid)

胎児肺胞を満たす液体。肺液肺水とも。*1*2

産道?通過時の胸郭圧迫による排泄、呼吸開始後の肺胞周囲間質への移動とリンパ管毛細血管からの吸収によって肺胞から無くなる。*3

新生児の肺胞液の排泄および吸収障害は呼吸窮迫症状?の原因となる。

*1京都大学大学院薬学研究科 杉本幸彦 助教授 EP4受容体欠損マウスの解析: http://square.umin.ac.jp/yseika/sugimoto_work/intro-EP4%20new.html
*2日本医科大学多摩永山病院女性診療科・産科医局-情報-新生児期の異常徴候: https://www2.nms.ac.jp/hahanet/sign1_6_3.html
*3地域周産期医療学講座 (寄附講座) 新生児一過性多呼吸 (TTN:Transient tachypnea of the newborn)|国立大学法人 浜松医科大学: https://www.hama-med.ac.jp/education/fac-med/dept/reg-neonatal-perinatal-med/disease/ttn.html

肺胞液に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-03-06 (水) 11:17:39