健康用語WEB事典

胃石(bezoar)

食物や異物が胃液などの消化液によって内で変化して形成される結石。その構成成分によって以下のように分類される。*1

国内では胃石の60~75%が柿胃石とされる。

治療にコーラ?による溶解が有効であった例が報告されている。炭酸を抜いたコーラ?では効果が無い。胃石の溶解は二酸化炭素による気泡が主な要因であり、pHによる影響は否定的。*2

自覚症状としては心窩部の不快感や腹部膨満感、悪心嘔吐など。合併症として20~30%に胃潰瘍腸閉塞を認める。

*1コーラによる溶解療法が奏効した胃石イレウスの1例 長岡赤十字病院外科 宗岡悠介 長谷川潤 木戸知紀 内藤哲也 谷達夫 島影尚弘: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsa/75/8/75_2182/_pdf
*2炭酸水による溶解療法が有効であった柿胃石の2例 水重知子 和唐正樹 稲葉知己 水川翔 高嶋志保 泉川孝一 石川茂直 田岡伸朗 三好正嗣 河合公三: https://www.jstage.jst.go.jp/article/gee/56/9/56_3340/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


胃石に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-12-19 (木) 18:38:22