健康用語WEB事典

胆汁酸塩(bile salts)

胆汁酸グリシンあるいはタウリン抱合反応した化合物脂質乳化消化に必要。*1

胆汁酸塩はで生合成され、内で難水溶性物質である脂質脂肪酸を可溶化し、物質の乳化剤やキャリアとして機能している。*2

*1ラクトバチルス属菌性とビフィドバクテリウム属菌性におけるコール酸輸送に関する研究 学位論文内容の要旨: http://www2.lib.hokudai.ac.jp/gakui/2000/5283_kurdi.pdf
*2埼玉大学 教育学部 松岡研究室(化学)研究内容: http://park.saitama-u.ac.jp/~matsuokakei/study.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


胆汁酸塩に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-27 (水) 10:21:28