健康用語WEB事典

脂肪塞栓症候群(fat embolism syndrome : FES)

外傷(骨折打撲)によって多量の脂肪滴血液中に放出され、それが全身の様々な臓器微小血管を閉塞することで各種メディエーターが放出されて急激な全身性症状が引き起こされる症候群。美容整形における脂肪の吸引後などの発症例も報告されている。*1

ステロイドN-アセチルシステインが有効であることが示唆されている。

*1日本救急医学会雑誌 藤島清太郎 急性肺損傷(ALI),急性呼吸促迫症候群(ARDS)の病態と診療: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjaam/21/10/21_10_819/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


脂肪塞栓症候群に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-10-11 (金) 07:46:17