脂肪萎縮症

脂肪萎縮症は本来脂肪組織から分泌される善玉アディポサイトカインであるレプチンなどが減少することにより、脂肪肝などの著明な内臓脂肪蓄積、インスリン抵抗性、重症糖尿病を呈します。*1

*1東北大学 内服薬により難病指定の糖尿病 亜型の治療に成功 脂肪萎縮性糖尿病に対する新たな治療選択肢を提示: http://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press20170316_01web.pdf

脂肪萎縮症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:11:03