脂質メディエーター(lipid mediator)

メディエーターとして働く脂質生理活性脂質のひとつ。

レゾルビンエイコサノイドロイコトリエンプロスタグランジン)など。炎症の初期過程における血管透過性の亢進や好中球浸潤、活性化などで中心的な役割を持つ。*1*2

*1竹山廣光 脂質メディエーター: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjspen/29/1/29_5/_pdf
*2公益社団法人 日本生化学会 ω3系脂肪酸由来の抗炎症性代謝物の構造と機能: http://www.jbsoc.or.jp/seika/wp-content/uploads/2013/11/80-11-08.pdf

脂質メディエーターに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:11:03