健康用語WEB事典

脂質ラメラ

皮膚角質層に存在する、セラミドを主成分として、脂肪酸コレステロール、水が層状に重なり合った構造。細胞間脂質ラメラ構造とも呼ばれる。*1*2

この脂質ラメラには、構造が異なる2種類(長周期ラメラ構造、短周期ラメラ構造)が存在することが知られている。*3

哺乳動物の皮膚角層中の細胞間脂質がとる構造として周期約13nmの長周期ラメラ構造と約6nmの短周期ラメラ構造があることが知られている....

皮膚角層中の細胞間脂質は長周期ラメラ構造・六方晶と短周期ラメラ構造・斜方晶の2つのドメインから成っていることが分かった.*4

*1北海道大学大学院薬学研究院 生化学研究室 木原章雄 スフィンゴ脂質関連遺伝子の同定: https://www.pharm.hokudai.ac.jp/seika/researches/1.html
*2富士フイルム株式会社 「ヒト型セラミド」を世界最小 20ナノメートルで高濃度分散することに成功!肌への浸透性とバリア機能の回復力を高める 「ヒト型ナノセラミド」を開発: http://macro.chem.t.u-tokyo.ac.jp/Ms._Tashiro/Ms._Tashiro_files/%E3%83%92%E3%83%88%E5%9E%8B%E3%83%8A%E3%83%8E%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%88%E3%82%99%E9%96%8B%E7%99%BA%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9.pdf
*3皮膚角層の構造研究の現状と目標 八田一郎 高輝度光科学研究センター 名古屋産業科学研究所: https://www.jstage.jst.go.jp/article/oleoscience/12/1/12_25/_article/-char/ja/
*4KAKEN — 研究課題をさがす | 皮膚角質層中の2つの細胞間脂質ラメラ構造と機能制御機構 (KAKENHI-PROJECT-15540397): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-15540397/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


脂質ラメラに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:11:03