健康用語WEB事典

脊髄後角(posterior grey column)

脊髄灰白質背中側。背中側から順に以下の六層からなり、これらの層に存在する神経細胞体性感覚の情報処理に関与する。*1

脊髄における痛み伝達に関わる部位。末梢組織からの痛み情報は一次ニューロンから脊髄後角で二次痛覚神経二次ニューロン)に伝達され、に伝わる。*2

神経が損傷されると、脊髄後角のミクログリアが活性化されP2X4受容体発現する。脊髄後角の神経から放出されたATPP2X4受容体に作用することで、ミクログリアから神経を興奮させる物質を放出され、それが神経に作用して痛みを引き起こす。*3

*1脊髄後角神経回路による体性感覚の情報処理 西田和彦 関西医科大学医化学講座: https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2016.880229/data/index.html
*2痛みのシグナルを強めるタンパク質を発見 — リソウ: http://resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/2016/20161118_1#term5
*3神経障害性疼痛のメカニズムが大きく前進!ミクログリア細胞を刺激する仕組みを解明 | 研究成果 | 九州大学(KYUSHU UNIVERSITY): https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/researches/view/39

ご意見・ご要望をお聞かせください。


脊髄後角に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-10-26 (土) 08:46:41