脊髄髄膜瘤(myelomeningocele)

神経管閉鎖障害二分脊椎)の一種。主な開放性二分脊椎脊髄皮膚に覆われずに露出する奇形*1

付近に発生しやすいため、ほとんどの場合膀胱直腸障害が併発する。

ヒトの胎児では,その背側にある外胚葉から神経管が形成され,これが脊髄へと発達していきます.神経管が完全な管状構造になるのは受精後28日ごろとされていますが,何らかの原因により神経管の閉鎖不全が起こり、脊髄髄膜瘤が発生します.*2

*1第73回 脊髄髄膜瘤 - 鹿児島大学医学部: https://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~ns/pdf/73.pdf
*2Neuroinfo Japan 脊髄髄膜瘤(脊髄披裂): https://square.umin.ac.jp/neuroinf/medical/602.html

脊髄髄膜瘤に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-09-05 (木) 13:28:12