脱核(enucleation)

赤芽球赤血球網赤血球)に分化する際に、細胞核を放出して失うこと。放出された細胞核は、ホスファチジルセリンを表面に露出させ、それを認識したマクロファージによって貪食される。そのDNADNaseⅡによって分解される。*1*2

赤血球生体内で造血幹細胞から造血前駆細胞赤芽球を経て産生されます。また、造血前駆細胞からの分化過程で細胞核内の染色体が凝集し、そののちにを失う(脱核)ことで、成熟した赤血球となります。*3

*1最近の研究(1) 長田重一研究室|京都大学大学院医学研究科 医学専攻 分子生体統御学講座 医化学分野: http://www2.mfour.med.kyoto-u.ac.jp/nagata/research/recent1.html
*2京都産業大学 川根研究室: http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~kawane/research.html
*3増殖能の盛んな赤血球前駆細胞による赤血球を大量生産するための方法確立 — 京都大学: http://www.kyoto-u.ac.jp/static/ja/news_data/h/h1/news6/2013_1/131206_1.htm

脱核に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2018-08-19 (日) 08:52:36