脳挫傷(brain contusion)

に物理的な強い力が加わることでが崩れること。そのものに挫滅と浮腫が起こる。*1*2

意識障害運動麻痺嘔吐痙攣などの症状が現れ、治療が成功した場合でも後遺症が残ることがある。

脳挫傷は外傷後、数時間経ってから明らかになってくることもあり、特に脳挫傷による血腫は後から徐々に増えてくることがある。

受傷後に一次損傷の周囲の広い範囲に二次性の細胞障害が広がっていく現象が観察される。この進行には、血管内皮への多核白血球の接着と、それに伴う血管内皮障害、さらには実質内への白血球の遊走が関与している。*3

*1頭部外傷とは|KOMPAS: http://kompas.hosp.keio.ac.jp/sp/contents/000276.html
*2脳挫傷|外傷性疾患|大阪市立大学大学院医学研究科 脳神経外科学教室: http://www.med.osaka-cu.ac.jp/Neurosurg/m-db/a-nouzasho.shtml
*3KAKEN — 研究課題をさがす | 脳挫傷と血管内皮損傷:血管内皮への白血球接着に始まる細胞障害の機序とその治療 (KAKENHI-PROJECT-11671397): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-11671397/

脳挫傷に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-01-11 (金) 08:22:45