健康用語WEB事典

脳深部刺激療法(deep brain stimulation : DBS)

薬剤のみでは治療が困難な不随意運動パーキンソン病など)に対する治療法。内に電極とこれに電流を与えるためのパルス発生器を前胸部皮下に埋め込む。*1

トゥレット症候群に伴うチック症に対しては、大脳基底核手術で電極を埋め込み微弱な電流で刺激する脳深部刺激療法が行われる。*2

タグ: 医療 治療法

*1脳脊髄電気刺激療法(パーキンソン病、不随意運動、頑痛)|慶應義塾大学病院 KOMPAS: http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000638.html
*2マウスピースでトゥレット症候群のチック症状が軽減することを証明! — リソウ: https://resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/2019/20190826_1

ご意見・ご要望をお聞かせください。


脳深部刺激療法に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-10-28 (水) 08:16:03