腫瘍崩壊症候群(tumor lysis syndrome : TLS)

代表的なオンコロジーエマージェンシー。急速な腫瘍細胞の崩壊によって細胞内の代謝産物が大量に放出され、高尿酸血症高カリウム血症高リン血症?低カルシウム血症などを来たす。*1

重症例では腎不全不整脈痙攣などによる致死的な経過をたどるため早急な治療が必要。

*1Kyoto University Research Information Repository: 転移期精巣腫瘍における腫瘍崩壊症候群(Tumor lysis syndrome ; TLS)のリスク評価とTLS 発症頻度: https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/215104

腫瘍崩壊症候群に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-15 (水) 08:58:11