腱鞘(tendon sheath)

を包む組織滑液鞘とも呼ばれる。

外側は線維鞘、内側は滑液鞘と呼ばれる。*1

が滑らかに動けるように潤滑液が分泌される。

体肢などの長いをつつんで、これを保護する袋状の膜装置である。もともと関節包が長くをとりまいたものであって、外層は線維鞘であるが、その内層は滑膜からなる滑液鞘で、滑液を分泌してに接近するの滑動を円滑にする働きをする(屈筋腱伸筋腱に多く見られる)。*2

*1Rauber-Kopsch解剖学 腱鞘: http://www.anatomy.med.keio.ac.jp/funatoka/anatomy/Rauber-Kopsch/band1/342.html
*2TA(1998)に基づく解剖学 滑液鞘 Synovial sheath(Vagina synovialis): http://cal.med.keio.ac.jp/ta/A03_0_00_040.html

腱鞘に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:11:12