腸液(intestinal juice, succus entericus)

小腸上皮細胞にある腸腺リーベルキューン腺)や十二指腸ブルンネル腺から分泌される、透明〜薄黄色の強いアルカリ性消化液*1

腸液は1500~3000mlが一日に分泌される。酵素としてアミラーゼマルターゼインベルターゼラクターゼエレプシンおよび少量のリパーゼを含む。 *2

腸液がアルカリ性であるのは、胃液中和して各酵素が働きやすいpH至適pH)にするためである。また、胃酸から粘膜を保護する役割も持つとされる。*3

ではアルカリ性膵液腸液分泌によって胃液が中和され,これに胆汁酸塩が混ざって脂質はよく乳化される。乳化された脂質は,膵液ステアプシン腸液リパーゼの作用によってグリセリン脂肪酸に分解される。*4

腸液に含まれる消化酵素

腸液には糖類脂質ペプチドなどの分解反応を触媒する以下の酵素が含まれる。*5*6*7*8

*1滋賀医科大学解剖学講座神経形態学 組織学総論 第10回 消化器1(消化管)血液・リンパ組織: http://www.shiga-med.ac.jp/~hqanat2/pdf/2017histolgy.10.pdf
*2平成19年3月2日 Ovid Technologies-WolterKluwers Health Primal Pictures デモンストレーション: http://www.lib.med.kyoto-u.ac.jp/pdf/Primal_Demo20070326.pdf
*3NAGOYA Repository 動物生理学2 講義用ノート 消化管の分泌: http://ir.nul.nagoya-u.ac.jp/jspui/bitstream/2237/19412/8/lect4.pdf
*4脂質の消化に及ぼす乳化の影響: http://www.yg.kobe-wu.ac.jp/jc/research/ronkou/pdf/56/vol56_07.pdf
*5人体解剖生理学7 消化器の構造と機能2 医療経営学科 研究室 7階5号研究室 江原朗: http://plaza.umin.ac.jp/~ehara/hirokoku/jintai7.pdf
*6デンプンはブドウ糖 東京農業大学短期大学部醸造学科教授 中西載慶: http://www.nodai.ac.jp/hojin/journal/images/j_1006/p6.pdf
*78章 消化器系のしくみと働き: http://plaza.umin.ac.jp/~histsite/7digesttxt.pdf
*8西東社 カラー図解 栄養学の基本がわかる事典 川島由起子(2013/4/4): https://amzn.to/2tzGwYt

腸液に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-08-28 (火) 19:11:17