腸管凝集付着性大腸菌(Enteroaggregative E. coli : EAggEC, EAEC)

小児下痢の原因となりやすい下痢原性大腸菌腸管凝集性大腸菌腸管付着性大腸菌とも。*1

基質特異性拡張型β-ラクタマーゼESBL)を高頻度で産生する。*2

*1鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 微生物学分野 下痢原性大腸菌の病原因子と薬剤耐性遺伝子: http://www.rdc.kagoshima-u.ac.jp/seeds_search/upload/15-Mf-nishi-med.pdf
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 2012 年度 実施状況報告書 (KAKENHI-PROJECT-23591574): https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-23591574/235915742012hokoku/

腸管凝集付着性大腸菌に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-09-22 (土) 15:45:02