健康用語WEB事典

膠質浸透圧(oncotic pressure)

血管壁を挟んだ血漿組織液の間に生じる浸透圧血漿タンパク質アルブミン)の濃度を保つために生じる。血管内の膠質浸透圧はおよそ28mmHg*1*2

血液中のアルブミン量が減少すると、膠質浸透圧が低下して組織液の量が増加し、浮腫が起こる原因となる。

*1西東社 カラー図解 栄養学の基本がわかる事典 川島由起子(2013/4/4): https://amzn.to/2tzGwYt
*2たかの橋中央病院 リンパ浮腫を理解するために: http://www.jinyoukai.or.jp/byouin/topics/senmon/rinpa/rikai/sintouatu/sintouatu.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


膠質浸透圧に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-02-27 (水) 16:47:54