膵管内乳頭粘液性腫瘍(intraductal papillary mucinous neoplasms : IPMN)

膵管内に出来る腫瘍良性腫瘍悪性腫瘍のどちらも含まれる。

膵管内に盛り上がるように腫瘍ができ、それが粘性のある液体を分泌して膵臓中に嚢胞を作ったり、膵管を塞ぐことで膵炎を引き起こしたりする。*1

検査によって膵臓内に液体が溜まっていたり、膵管が拡張したりといった現象が観察された場合は膵管内乳頭粘液性腫瘍の恐れがある。

*1膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)|慶應義塾大学病院 KOMPAS: http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000782.html

膵管内乳頭粘液性腫瘍に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:11:16