健康用語WEB事典

膿胸(pleural empyema)

胸腔内にが溜まった状態。原因となる細菌ストレプトコッカス・コンステラータスストレプトコッカス・アンギノサスなど。*1

自覚症状は、初めは発熱胸痛、悪化すると呼吸困難の変形など。

の外側の胸腔内にが溜まる状態です。原因としては、陳旧性肺結核症?重症肺炎?等で、の中の炎症が、外側に波及することによります。初期には発熱胸痛等の症状が出現しますが、時間がたつと、呼吸が苦しくなったり、が小さくなったり、の形が変形したりします。*2

治療はドレナージおよび抗生物質の投与。*3

*1〜誤嚥と強く関連する難治性の呼吸器感染症〜 膿胸と肺膿瘍 熊本⼤学医学部附属病院 呼吸器内科 岡本真⼀郎、藤井⼀彦、興梠博次: http://www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp/jibiinkoka/enge/data/mt10/10b/20160414b.pdf
*2膿胸|呼吸器外科|順天堂医院: https://www.juntendo.ac.jp/hospital/clinic/kokyukigeka/about/disease/kanja02_11.html
*3呼吸器外科 膿胸 東京女子医科大学: http://www.twmu.ac.jp/CHI/disease-04.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


膿胸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-04-09 (月) 08:11:11