健康用語WEB事典

臨界期(critical period)

生後間もない、経験に応じて神経回路が柔軟に変化する時期。ある行動学習が可能な一定期間。臨界期における外界から言語刺激を受けることが言語習得において重要であることが知られている。敏感期とも。*1*2

臨界期には眼優位性も大きく変化する。ネコに視覚的刺激を制限する実験によって実証され、ネコの臨界期は生後4週から3ヶ月とされている。*3*4

絶対音感の習得も臨界期における刺激が必要であることが示唆されている。*5

タグ: 生育 神経 言語

*1脳の臨界期の引き金とブレーキを解明。障害・病気の解明と、AI研究との融合を目指す。| UTOKYO VOICES 085 | 東京大学: https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/features/voices085.html
*2身体的な発達心理学 | 脳と心の科学について学ぼう: http://www.fun.ac.jp/~hanada/kokoronokagaku/program5.html
*3第二言語習得における臨界期仮説再考 吉川敏博: https://opac.tenri-u.ac.jp/opac/repository/metadata/4077/GKH024301.pdf
*4経験による脳回路の変化を新モデルで予測 | 理化学研究所: https://www.riken.jp/press/2014/20141023_1/
*5なぜ絶対音感は幼少期にしか習得できないのか? : 訓練開始年齢が絶対音感習得過程に及ぼす影響 - 国立国会図書館デジタルコレクション: https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10625731

ご意見・ご要望をお聞かせください。


臨界期に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-10-28 (水) 16:50:41