健康用語WEB事典

自家造血幹細胞移植(autologous hematopoietic stem cell transplantation)

あらかじめ末梢血幹細胞または骨髄を採取して凍結保存しておき、化学療法によって腫瘍細胞を死滅させた後に静脈から体内に戻して骨髄造血を再構築する治療法。自家移植とも。

末梢血を採取する場合にはG-CSFを5日間以上注射した後、血液成分分離装置を用いる。骨髄を採取する場合は全身麻酔をし、左右の腸骨から太い針を用いて複数回かけて約1Lの骨髄液を取るため輸血が必要。*1

*1大阪市立大学・大学院医学研究科 血液腫瘍制御学 医学部 臨床検査医学 医学部附属病院 血液内科・造血細胞移植科 自家造血幹細胞移植についての説明 (悪性リンパ腫): http://www.med.osaka-cu.ac.jp/labmed/MLAUTOv1.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


自家造血幹細胞移植に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-11-28 (木) 10:38:11