自己免疫化生性萎縮性胃炎(autoimmune metaplastic atrophic gastritis : AMAG)

慢性萎縮性胃炎のひとつ(A型)。悪性貧血において見られる。胃底部および体部?粘膜萎縮が前庭部?よりも顕著。A型胃炎自己免疫性胃炎とも。*1

病変部では胃壁細胞主細胞が減少し、代わりに上皮細胞に似た細胞によって置き換えられる腸上皮化生?が起こり、かつ内因子に対する自己抗体が検出される。

*1自己免疫性血液疾患:診断と治療の進歩 悪性貧血 廣川誠: https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/103/7/103_1609/_pdf

自己免疫化生性萎縮性胃炎に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-02-06 (水) 19:48:07