自己抗原(self-antigen)

自己を構成する物質の分子抗原となったもの。通常は免疫学的寛容によって抗原としては認識されない。自己免疫疾患の原因となる。

自己抗原の発生原因は、HLA遺伝子によるものと考えられている。

たとえば、インスリン依存型糖尿病患者の約8割が「DQ8?」と「DQ2?」とよばれるHLAタイプをもち、関節リウマチ患者の約8割が「DR4?」とよばれるタイプをもつ。そのほか、多発性硬化症バセドウ病重症筋無力症など、さまざまな自己免疫疾患が特定のHLAタイプと高い相関をみせ、親から子へと遺伝している例が多い。*1

*1技術評論社 西村尚子 知っているようで知らない免疫の話 ヒトの免疫はミミズの免疫とどう違う?(2010/8/25)

自己抗原に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:11:18