自律神経(autonomic nerves)

末梢神経のひとつ。内臓血管など体の働きを無意識のうちに制御する神経。意志によって制御できないため不随意神経とも呼ばれる。

自律神経は形態学的に脊髄との連絡が弱く、末梢の経過中に豊富な神経節を具えているから、機能的には中枢神経からの支配を受けることが少なく、ほとんど独立的に行動している。すなわち自律性に富んでいるのである。平滑筋運動分泌がわれわれの意志に従わず無意識的に、すなわち反射的に起こるのはそのためである。*1

自律神経は以下の2種類の遠心性神経に分けられる。*2

自律神経の支配を受ける器官には通常、交感神経副交感神経の両方があり、多くの場合、一方がその働きを促進すれば、他方は抑制するというように働く。*3

*1第三章 Pars peripherica [Systema nervosum periphericum](末梢部[末梢神経系])(C,自律神経系): http://www.anatomy.med.keio.ac.jp/funatoka/anatomy/Textbook/anatomy17c.html
*2EW-自律神経: http://www-yaku.meijo-u.ac.jp/Research/Laboratory/chem_pharm/mhiramt/EText/Pharmacol/Pharm-II02-1.html
*3東京医科歯科大学 生命科学 神経による筋収縮の指令-ニューロン: http://www.tmd.ac.jp/artsci/biol/textlife/neuron.htm

自律神経に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-06-09 (土) 13:08:40