健康用語WEB事典

至適温度(optimum temperature)

酵素が最も効率的に触媒として働く温度のこと。最適温度とも呼ばれる。至適pHと共に酵素の活性を決定する要因となる。

酵素至適温度から大きく外れた環境に置かれると、その酵素を構成するタンパク質変性して酵素としての活性を失う場合がある。

ご意見・ご要望をお聞かせください。


至適温度に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:11:19